●診療科目
 いぬ、ねこ、うさぎ、小鳥、その他小動物

●診療受付時間
 平日・日・祝  午前/9:00〜12:00
         午後/16:00〜20:00

●休診日     毎週火曜日
●アクセス 〒031-0075 青森県八戸市内丸3-3-14


※拡大地図はこちら(GoogleMAPへ)



※時間外、急患等は下記の電話にご連絡ください。
 尚、この電話は留守電用になりますので診察券番号、お名前、ご用件、お電話
 番号をゆっくり、はっきりお話ください。
 後ほどこちらからお掛けいたします。

時間外用電話 070-2020-7003


時間外、急患等は下記の電話にご連絡ください。
尚、この電話は留守電用になりますので診察券番号、お名前、ご用件、お電話番号をゆっくり、はっきりお話ください。後ほどこちらからお掛けいたします。

時間外用電話 070-2020-7003
2020.05.05  5月のアリスのお便りを更新しました。
2020.04.07  4月のアリスのお便りを更新しました。
2020.03.10  3月のアリスのお便りを更新しました。
2020.02.03  2月のアリスのお便りを更新しました。
動物の寿命は短く、人間の何分の一しかありません。
この限られた時間を楽しく、より豊かに共に生きていくために私たちがサポートいたします。
一般診療はもちろん、病気の予防や定期的健診にも全力を注ぎ病気の早期発見、早期治療につなげます。

大切な家族である動物を守るために、どうぞお気軽にお立ち寄りください。
トリミング前後に獣医師がわんちゃんの体の状態をチェックしますので安心です。異常を感じた場合、獣医師が責任を持って対応いたします。

シャンプーは洗浄力の高い植物原料で作られたものを使用しております。また当院では「マイクロバブル」を導入しております。
トリミングルーム
マイクロバブル
マイクロバブル浴
1.汚れをしっかり落とします。
直径が数十マイクロメートル以下の超微細な泡が、皮膚や被毛だけでなく毛穴の奥まで入り込み汚れを浮かせて剥がし取ります。皮脂の分泌の多い犬種でも定期的な温浴でニオイすっきり。
2.リラクゼーション効果
マイクロバブルの微振動が心地よいマッサージとなり、さらにマイナスイオンがペットを癒します。
3.デリケートなペットに
ノミやダニなどの寄生虫やその卵、アレルギー物質となる汚れをこすらず除去します。デリケートな皮膚のペットに最適です。

当院では、ご旅行の際や急遽自宅を留守にしなければならなくなった場合などにご利用いただけるペットホテルを行っております。

1泊以上の長期の宿泊から、日帰りの短時間でのお預かりも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

わんちゃんとねこちゃんは完全別室ですので、ストレスを感じることなくおすごしになれます。

獣医師や看護師がお世話しますので、安心してお預けください。





ドッグルーム


キャットルーム
ワクチン接種は大切なペットを伝染病から守る大切な習慣です。

1. 狂犬病ワクチン
狂犬病は人と動物の共通感染症です。生後90日を過ぎた犬ではワクチン接種が義務づけられています。

2. 犬の混合ワクチン
一つのワクチンで何種類もの病気を予防できます。
(当院では犬6種、犬8種、猫3種を扱っています)

1)犬ジステンパー
高熱、鼻水や目やにがでて、嘔吐、下痢もします。進むと神経系が侵されマヒなどの後遺症が残ります。死亡率の高い病気です。
2)犬パルボウイルス感染症
激しい嘔吐、下痢のため急激に衰弱します。伝染性が強く死亡率の高い病気です。
3)犬伝染性肝炎
発熱、腹痛、嘔吐、下痢が見られ、目が白く濁ることがあります。肝炎を引き起こします。
4)犬アデノウイルス2型感染症(犬伝染性喉頭気管炎)
発熱、くしゃみ、咳が見られ肺炎を起こすことがあります。死亡率が高い呼吸器病です。
5)犬パラインフルエンザウイルス感染症
風邪症状がみられ重症化しやすく、伝染性がとても強い病気です。
6)犬コロナウイルス感染症
子犬で嘔吐や重度の下痢がみられます。
7)犬レプトスピラ感染症(4種類あります)
細菌による感染症で感染しているネズミなど野生動物の尿や、尿に汚染された水や土を介して感染します。
発熱、嘔吐、出血を引き起こします。人にも感染します。
3、猫の混合ワクチン
1)猫ウイルス性鼻気管炎
くしゃみ、鼻水の他、角膜炎や結膜炎が見られます。重症になると死亡することがあります。
2)猫カリシウイルス感染症
くしゃみ、鼻水の他、口の中に潰瘍や水疱ができます。子猫では他の病気との合併症により死亡することがあります。
3)猫汎白血球減少症
発熱、嘔吐,下痢が見られ、子猫では死亡率が高い病気です。
4)猫白血病ウイルス感染症
著しい免疫力の低下、貧血、白血病、腫瘍などを引き起こします。死亡率が高い病気です。
5)猫クラミジア感染症
結膜炎が特徴的です。くしゃみ、鼻水、咳、肺炎を引き起こします。
6)猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)
徐々に免疫機能が低下し、治りにくく口内炎や歯肉炎が見られます。その後体重の減少、貧血、悪性腫瘍などが現れ、多くが死亡します。

※4〜6についてはお問い合わせください。
いつまでも健康であるために私たちができること‥‥‥
【猫ちゃんの泌尿器病をチェックしましょう!】

猫ちゃんの泌尿器系の病気は腎臓病、結石症(腎臓結石、尿管結石、尿道結石)、感染症など多数ありますが、それらはほとんど飼主様が気づかないうちに進み、2〜3日おしっこがでない、水をたくさん飲む、吐く、食欲が全くないなどの症状で来院された時にはとても症状が進行し、腎不全に陥っている場合が多く見られます。

そこで普段おしっこをしている様子をそっと観察して下さい。いつもと違う姿勢、力んでいないか、色、回数、量、痛みはないかなどチェックして下さい。どこか異常があったら様子を見てからではなくすぐに病院に行きましょう。

またシニア猫ちゃんの半分以上が泌尿器の病気にかかると言われています。6〜7才になったら1年に2回定期検診を受けることをお勧めします。 2020.05【フィラリア症の予防を確実に!】

フィラリア(犬糸状虫)は蚊によってうつる寄生虫です。フィラリアの成虫はそうめんのように細長く、体長が15〜30cmもあり、動物の肺動脈や心臓に寄生します。重症化すると心臓や肺の血流が悪くなり、咳が出たり大量の腹水がたまったり、放っておくと命に関わります。

成虫は子虫を産み、その子虫は血液の中を巡ります。感染犬を刺して血を吸った蚊が、他の犬を刺した際に子虫を感染させてしまうのです。

今年は去年より気温が高く、すでに蚊が発生していますので、屋外飼育のペットはもちろん、屋内飼育のペットも散歩時や車での外出時など蚊に刺される機会が沢山あります。 毎月1回、予防薬を飲ませることでフィラリア症を予防することができます。

どうぞ皆さん、確実に予防して大切なペットをフィラリア症から守りまししょう。


2020.04【2020年度狂犬病予防注射が始まります】

4月1日から各動物病院または各地域の指定場所にて狂犬病予防注射が始まります。現在、わが国で狂犬病の発生は報告されていません。これは犬の飼い主のみなさんが狂犬病のワクチンを長い間継続して接種しているからに他ありません。平成30年度、青森県内で登録されている飼い犬の数は56608頭で、そのうちの49428頭(87.3%)が狂犬病予防接種を受けています。

狂犬病のウイルスは全ての動物に感染します。もちろん人にも感染します。日本における狂犬病の発生は人では1956年、動物では1957年の猫での発生が最後です。狂犬病ウイルスは感染した動物の唾液に含まれていて、この動物に咬まれるとウイルスが傷口から体内に侵入して感染し、脳を侵します。犬での潜伏期(感染から発症までの期間)は2週から2ヶ月で、発病すると神経症状を示し、極度に興奮して攻撃的な行動をとったり、麻痺が拡がって飲食ができなくなり衰弱して死亡します。

世界の感染状況をみると英国、オーストラリア、ニュージーランドなど数各国を除いて、アジア、アフリカをはじめ多くの国々で発生し、毎年5万人以上、このうちアジアでは3万人以上の人々が狂犬病で亡くなっています。世界中から多種多数の動物が輸入されている現在、狂犬病が発生する可能性があります。感染せず感染を広めないことが大切です。そのためには予防接種が不可欠です。

これからも日本が狂犬病の清浄国であり続けられるように狂犬病ワクチンを必ず接種するようにお願いします。


2020.03【ワクチン接種のすすめ】

・・・定期的なワクチン接種はペットを伝染病から守る大切な習慣です・・・

ペットを感染症から守るためにワクチンの接種はとても大切です。当院では
●犬
5種ワクチン(ジステンパーウイルス、パルボウイルス、アデノウイルス1型、アデノウイルス2型、パラインフルエンザウイルス)
6種ワクチン(ジステンパーウイルス、パルボウイルス、アデノウイルス1型、アデノウイルス2型、パラインフルエンザウイルス、コロナウイルス)
8種ワクチン(上記6種に加え、レプトスピラ・カニコーラ、レプトスピラ・イクテロヘモラジー)

●猫
3種ワクチン(カリシウイルス、ヘルペスウイルス、パルボウイルス)
を扱っています。いずれも感染力が強く発症すると重症化する数種類の病気を同時に予防 するワクチンです。

ワクチンを接種するとウイルスや細菌に対する免疫力がつき、万が一それらのウイルスや 細菌に感染しても症状は軽くすみます。病原体は感染動物の便や尿、鼻水や唾液、血液に含まれていて、それらが口や鼻、咬み傷から入ると感染が起こり発病します。公園、ドッグランなどで犬同士が匂いを嗅ぎあったり、じゃれ合ったりすることによる接触や、直接接触しなくても道端の便や尿の匂いを嗅ぐことにより感染します。猫同士も、特に屋外飼育の場合、グルーミングや喧嘩などによって感染するリスクが高くなります。また、飼い主の靴や衣類に付着した病原体により感染することもあります。これから春に向かい感染する機会が増えてきます。 ワクチン接種で感染症から大切なペットを守りましょう。


・「今月のアリスからのおたより」バックナンバー
待合室

受付

左からレントゲン室、手術室

トリミング室のドッグバス

ペットホテル(手前:猫用、奥:犬用)

調合室
夜の医院外観

診察室

検査室

手術室

レントゲン室

洗浄室
PAGE TOP